ジグソーパズルの達成感がクセになりました

私の趣味はパズルです。
去年いつものスーパーで半額になったジグソーパズルを見つけ、最近暇だからという安易な気持ちがきっかけでした。
好きな音楽を流しながらひたすら当てはまるピースを探すという単純な作業でしたが、これが意外と楽しいんです。最初は500ピースで絵柄もカラフルな初心者向けのものから始めましたが、そこからどんどんピースを増やし、絵柄も分かりにくいものにしたり、指ではめることが難しいまでに小さいパズルをピンセットでちまちまやったりもしました。
次第に友人にも私がパズルにはまっていることが広まり、誕生日には立体型のパズルをプレゼントされたりもしました。今ではどこか買い物に出かけると、まずはパズルのコーナーに向かい、割引されたパズルがないかを見るのが日課になっています。
そして今わたしは、確実に今までで1番難しいジグソーパズルに挑戦しています。ピースは1000ピースと標準的ですが、絵柄が全くない、無地のジグソーパズルです。枠を揃えてからは全く進展していませんが、完成した時の達成感を夢見て、今日も頑張っています。脱毛ラボ スピード

ジグソーパズルの達成感がクセになりました